アクアクロス in 南伊勢競技規則

選手の皆様へのお願い

  1. 大会のスケジュール、コース、適用されるルールを十分把握して大会に参加して下さい。
  2. 大会前日、または大会当日の選手登録、競技説明会への出席を必須とします。
  3. 大会前日の飲酒を控え、十分な睡眠と栄養、水分補給をして、心身ともに余裕を持って大会に参加して下さい。
  4. 体調がすぐれない場合は、勇気をもってリタイヤし、近くの審判にその旨を伝えて、指示に従って競技を終了して下さい。
  5. 気象警報(暴風、波浪)が発令された場合、及び次の基準に達した場合、または同基準が予想される場合には、当日午前7時に競技内容の変更(距離の短縮、スイムの中止)、または競技中止を大会本部にてアナウンスします。尚、いずれの場合も参加費の返金はありません。
    1. 海水温が15度未満の場合
    2. 風速10m以上、波高2m以上あるか、競技中にその恐れがあると判断された場合
    3. 雨や霧などにより著しく視界が悪い場合(視程500m以下)
    4. 台風・地震など自然災害が発生した場合
    5. その他、競技開催判定委員会が危険と判断した場合
  6. スイム中止の場合はマラソン競技(ロング16km・ショート7㎞)とします。
  7. 参加資格を第3者に委譲することはできません。
  8. 安全確保のため、競技中の撮影・音響機器、イヤホン、ヘッドホン等の使用は禁止します。

競技規則

競技規則

日本トライアスロン連合(JTU)競技規則に準じ、一部ローカルルールを通用します。

計測方法

  1. 計測チップ(アンクルバンド)を利用し、自動計測します。大会当日会場にてお渡しします(9:00~9:40予定)。
  2. アンクルバンドは、左右どちらかの足首にぴったりと巻いて頂き、脱落防止のために付属のゴムバンドを装着して下さい。
  3. フィニッシュ後、速やかに計測チップをスタッフまで返却ください。紛失等の場合には、実費3,240円を請求します。

試泳・試走について

  1. 競技中以外、スイム会場での試泳は船舶の航行があるため、安全上の理由によりできません。
  2. スタート前にスイムウォーミングアップの時間を設けます。スタッフの指示に従い決められたエリア内で行ってください。
  3. ランコース試走については可能です。交通ルールを守って気を付けて試走を行ってください。

スイムスキップについて

※体調不良等でスイムを完泳する自信がない方がスイムをキャンセルしてランから競技を行う制度

  1. スタート前に大会本部まで申し出てください。競技開始後は、スイムスキップ不可となります。記録上はDNFとなります。
  2. スイム制限時間10分前の11時00分にトランジションエリアにご集合ください。11時10分ランスタートとなります。

スイム競技規則

  1. スイムコースは、漁港のスロープからスタートして、湾内を泳ぎます。
  2. ロングは1.9㎞(900m×2周回+100m)、ショート1.0㎞(900m×1周回+100m)、OWS1.0㎞です。
  3. 予想水温は、18~22℃です。ウェットスーツの着用を推奨します。
  4. 支給されたスイムキャップをかぶって下さい。 
  5. ブイ等につかまって小休止することができますが、ブイをつかんでの移動は禁止です。
  6. 救助の合図は、片手を頭の上で振り、声を出して救助を求めて下さい。

トランジションエリア

※スイム競技からラン競技に移る際に必要な道具を置いておく場所。

  1. 競技コースの一部であるため選手以外は立ち入り禁止です。
  2. 一人一つずつトランジションBOXを用意いたします。ご自分のレースナンバーがついているBOXをご使用下さい。
  3. ラン競技を行う際に必要な用具を、スタート前に自分のトランジションBOX内に設置して下さい。
  4. アクアクロスのみ以下の特別ルールを適用します。
    スイム競技終了後、スイムキャップ、ゴーグル、ウェットスーツ等、ラン競技に必要のないものは、リュック(大会側にてナップサックを配布予定、ご自身でリュックを用意していただいても可)に入れて、背負ってフィニッシュまで走ります。自分のトランジションBOXは必ず空の状態でラン競技に移ってください。 BOXの中に用具を放置した場合、タイムペナルティ(+10分)の対象となります。
  5. 競技に必要のないものはトランジションエリア内には持ち込まず、荷物預りに預けて下さい。預けた手荷物(着替え等)は、フィニッシュ会場に大会スタッフが運搬します。レースナンバーを提示して受け取ってください。

ラン競技規則

  1. ランコースは、アップダウンに富んだ舗装路とトレイル(未舗装の山道)を走ります。
  2. 競技距離は、ロング16㎞(舗装路12km+トレイル4㎞)、ショート7㎞(舗装路3m+トレイル4㎞)です。
  3. ラン競技では、上半身裸で走ることを禁止いたします。必ず上半身まで覆われているウエアを着用してください。
  4. ラン競技中は、前面から見えるようにレースナンバーカードを着用してください。
  5. ラン競技中は、ランニングシューズを着用してください。
  6. トレイルでは道幅が狭い個所があります。追い越す場合は安全を確認して、声掛けをしてから追い越して下さい。
  7. 大会主催者の提供、または許可した支援(エイドステーションなど)以外の個人的援助(伴走含む)は禁止です。
  8. フィニッシュでは、写真撮影を行っています。選手の確認のため、帽子及びサングラスを外し、笑顔でフィニッシュしましょう。
  9. 同伴フィニッシュ(ご家族やご友人など、応援に来ている方と一緒にフィニッシュすること)を認めます。
    同伴フィニッシュを希望する方は、フィニッシュエリア付近の待機場所にてお待ち頂き、審判の指示に従って下さい。

制限時間について

  1. 各種目に制限関門を設けます(ロング・ショートともに、スタート後、スイム関門1時間、ラン関門3時間)。
  2. 制限関門に間に合わなかった場合、DNF(TOV:タイムオーバー)となります。

表彰式について

  1. 競技終了後、表彰式を13:00(予定)からフィニッシュ会場の「ふれあいセンターなんとう」にて行います。
  2. 入賞者は記録速報を掲示板に張り出します。12:50までに表彰式ステージ横に集合してください。
  3. 表彰式に出席できない場合は大会本部まで賞状等を受け取りに来て下さい。無断欠席された場合は、送付しません。

ペナルティ

  1. 競技規則やマナーに違反した選手は、大会スタッフから口頭で注意・警告を与えます。
  2. 違反によって競技上の大きなアドバンテージ若しくは順位の変動が得られる行為、危険行為、重大なマナー違反に対しては、一つの違反毎にタイムペナルティが科せられます。タイムペナルティを与えられた選手は、自らランコース上に設置されたペナルティボックスに入り、30秒のタイムペナルティ(競技中断)を受けなければいけません。ペナルティBOXに入らなかった場合、失格となりますので、ペナルティボードを必ず確認してください。
  3. ペナルティを3回以上受けた場合、失格となります。
  4. 故意に行われた悪質な違反及びマナー違反は、失格となります。宣告なしでの失格の場合もあります。
  5. 審判員の裁定に不服がある場合、選手、または代理人は審判長に抗議をすることができます。記録についての抗議は記録速報掲示後30分以内、他競技者、役員、運営についてはフィニッシュ後60分以内、競技コースについては、スタート前24時間以内。但し、スポーツマン精神に反する言動の判定には、抗議はできません。

リタイヤ

  1. リタイヤ(棄権)する場合は、近くの大会スタッフに申し出て、必ずアンクルバンドを返却してください。大会本部までの移動が困難な場合は、救護車両を回しますので、大会スタッフに申し出てください。近くに大会スタッフがいない場合、その場で最後尾の巡回スタッフをお待ち下さい。
  2. コースは広範囲に及ぶため、主催者側だけでの安全管理では対応できない状況も起こりえます。自身の体調は自身で管理し、参加者同士声を掛け合い、様子のおかしい選手を見かけた場合は、お近くの大会スタッフまでご連絡ください。
  3. 重大な事故の場合、救急搬送します。緊急車両通行の際には、左側に一列になり、徐行又は停止してください。
  4. 制限時間内であっても、大会スタッフの判断でリタイヤを勧告する場合があります。

医療・大会保険について

  1. 万一の事故に備えて「健康保険証」を必ず持参下さい。
  2. 大会会場に、医師1名、看護師2名を配置して医療・救護にあたります。但し、あくまで応急処置となります。
    医療班の判断により、救急車などで緊急病院に搬送された場合、その治療費は全て個人負担となります。
  3. 大会保険に加入します。熱中症・低体温症には対応しておりません。不安な方は、ご自身で障害保険にご加入下さい。
    (大会保険保障内容:死亡・後遺障害1,000万円、入院日額4,000円、通院日額2,000円、倍賞責任1億円)